保守契約大事

多くの法人がリースによるOA機器としてのコピー機導入を選択する理由は、初期費用が安いという事もありますが導入経費をすべて損金処理できる点にあります。期間限定という制限がつくもののやはり一般企業にとっては有利なのです。ただし業績や法人としての評判によってはリース会社の審査に落ちる可能性もあるという厳しい面もありますが、審査に通過すれば新品製品の導入ができるわけですから、故障やトラブルは少なくなります。

万が一トラブルが生じたとしてもリースなら保守期間がありアフターサポートを受ける事ができます。保守手数料がかかってきますから場合によっては購入した方がトータル的に安くなる事もありますが、初期費用を押さえたい法人が多いゆえにリースによる導入が主流となっています。各社に見積もりをとる時は保守手数料も含めて、コストパフォーマンスが良質かどうかも確認した方が無難です。

保守サービスをつけないという選択肢もありますが、毎日大量に印刷していればドラムが消耗してきますしトナーも消費します。自力での交換は困難ですし業務に差し支える事も多々出てきますから、やはり保守サービスを利用しながらドラム交換やトナー補充も業者に依頼した方が、業務に支障なく利用できますから、保守サービスの利用がオススメです。